アスクル<2678>は大幅反発。先週末に21年5月期の決算を発表、営業利益は139億円で前期比57.8%増益となり、従来計画の130億円を上振れ着地、市場予想も上回った。一方、22年5月期は140億円で同0.5%増益にとどまる見通し。ただ、感染対策商品の反動減などで収益成長鈍化は想定線とみられている。同時に発表した中期計画では、25年5月期売上高5500億円、営業利益率5%を目指すとしている。実質的な増配計画などもポジティブ視。