■会社概要



1. 会社概要

日本コンピュータ・ダイナミクス<4783>は50年以上の歴史を持つ独立系システム・インテグレータのパイオニアである。IT関連のシステム開発事業(システム・インテグレーション)とサポート&サービス事業(サービス・インテグレーション)、及びITソリューションのノウハウを活用した無人駐輪場関連のパーキングシステム事業(パーキング・ソリューション)を展開し、トータル・ソリューション・プロバイダーとしての成長を目指している。



2021年4月1日時点の同社の事業拠点は、本社(東京都品川区)、お台場オフィス(東京都江東区)、江東サービスセンター(東京都江東区)、福岡オフィス(福岡県福岡市)、小倉オフィス(福岡県北九州市)、長崎オフィス(長崎県長崎市、第2MSC(マネージドサービスセンター)含む)、及び五島オフィス(長崎県五島市)である。



グループは同社、及び子会社のNCDテクノロジー(株)、(株)ゼクシス、天津恩馳徳信息系統開発有限公司(NCD China)、矢野産業(株)、NCDプロス(株)(出資比率67%)で構成されている。NCDテクノロジーはシステム開発・サポート&サービスのIT関連事業、ゼクシスはパナソニック<6752>グループ向けを中心とするシステム開発・サポート&サービスのIT関連事業、NCD Chinaは中国におけるシステム開発事業、矢野産業は九州で駐輪場事業、NCDプロスは駐輪場管理・運営事業を行っている。



2021年3月期末の総資産は10,816百万円、純資産は4,165百万円、資本金は438百万円、自己資本比率は38.3%、発行済株式数(自己株式728,932株含む)は8,800,000株である。



2. 沿革

1967年3月に設立してシステム開発事業を開始、1995年10月にサポート&サービス事業を開始、1997年10月にパーキングシステム事業を開始した。独立系システム・インテグレータのパイオニアで、2017年3月に創立50周年を迎えている。



株式上場関連では、2000年9月に日本証券業協会に店頭登録(取引所の合併等に伴い現東証JASDAQ上場)した。



グループ企業関連では、2000年11月に(株)日本システムリサーチ(現NCDテクノロジー)を設立、2005年4月にNCD Chinaを設立、2007年12月にゼクシスを子会社化(2008年8月に完全子会社化)、2018年3月にNCDプロスを設立、2019年4月に矢野産業を子会社化した。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)