■株主還元策



アドバンスクリエイト<8798>は、株主還元に積極的な企業として評価される。配当政策は「将来の成長戦略を遂行していくための原資となる内部留保の充実に努めるとともに、業績に応じた配当の実施等により、株主価値を高める」ことを基本方針としており、配当性向で50%以上を目安としている。2021年9月期の1株当たり配当金は前期比実質5.0円の増配となる30.0円(配当性向52.0%)を予定しており、配当性向が50%を下回るようであればさらなる増配が期待される。



また株主優待制度も導入しており、9月末時点で100株以上を保有する株主に対して、2,500円相当のカタログギフトと福利厚生サービス(保険市場Club Off)の利用権を贈呈している。同社は4月1日付で1:2の株式分割を実施したが、優待内容については従来通りとする方針だ(実質2倍増)。現在の株価水準(2021年6月4日終値910円)で単元当たり総投資利回りを計算すると、福利厚生サービスを除いたベースで約6%の水準となる。







■情報セキュリティ対策



同社は個人情報を扱う保険代理店業を主力事業とするなかで、情報セキュリティ対策として、プライバシーマークの認証維持や定期的な個人情報保護に関する教育の実施、情報セキュリティの注意喚起のための定期的な「情報セキュリティ通信(社内啓蒙広報物)」の発行等を行っている。また、コンプライアンス部門内に専門部署となる「情報セキュリティ課」をつくり、セキュアプリンタの導入や複合機の監視カメラ設置、クライアントPCの操作ログの定期的な確認のほか、従業員への啓発や注意喚起など、情報セキュリティレベルをさらに高めるための取り組みを実施している。



提携代理店に対しては、顧客情報のセキュリティ管理状況に関するアンケート、内部監査室による情報セキュリティ監査等を定期的に実施しており必要に応じて改善依頼を行うなど、自社のみならず同社の顧客情報を扱う外部の組織における情報セキュリティ管理体制の強化に関しても積極的な取り組みを実施している。



さらに同社は2012年より顧客情報セキュリティ管理体制について監査法人より毎年、監査(助言)を受けてきたが、2020年9月期より新たにASP事業におけるサービス提供先企業の顧客情報セキュリティ管理状況についても追加して監査を受けており、これら情報セキュリティ監査における指摘事項に対して継続して改善の実施に取り組んでいる。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)