ギフト<9279>は5日、2021年10月期6月度の国内直営店売上速報の集計結果を発表した。



全店売上高は前年同月比30.4%増、既存店売上高は15.0%増となった(既存店の売上高は、時短営業日を除外した通常営業日の売上高を前期と比較した数値。時短営業日も含む場合の既存店売上高は前年同月比2.7%増、客数3.4%増)。



6月度は、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の期間が再延長され、引き続きコロナウイルスの影響を受けたが、高齢者以外へのワクチン接種も開始され、徐々に来店頻度も回復の傾向。同社の多くの店舗では、感染予防対策に努めながら営業を継続するとともに、宅配対応店舗の拡充、テイクアウト販売にも引き続き取り組んだ。