霞ヶ関キャピタル<3498>は19日、2021年5月31日に公表のとおり、千葉県船橋市の冷凍冷蔵倉庫の開発に関して、Brookfield Asset Management(以下、ブルックフィールド社)が運用するグローバルプライベート不動産ファンドが今回の案件を目的に組成した船橋ロジスティクスデベロップメント特定目的会社(以下、TMK)とアセットマネジメント契約及びプロジェクトマネジメント契約を締結したと発表した。



同契約は、千葉県船橋市の開発用地を、ブルックフィールド社と同社が協働して冷凍冷蔵倉庫の開発を行っていくことを目的としたもの。同社は、TMKより、アセットマネジメント業務、プロジェクトマネジメント業務を受託する。



同プロジェクトの概要は、所在地が千葉県船橋市、土地面積は3,736平方メートル、延床面積は7,076平方メートル、アセットタイプは冷凍冷蔵倉庫。