■会社概要



ジェネレーションパス<3195>は、創業者で代表取締役社長である岡本洋明(おかもとひろあき)氏によって2002年1月に思い出写真のアーカイブ化・映像化システムの製造販売を事業目的として設立された。写真や映像など記憶に残るデジタルデータを「世代を超えた人と人との架け橋」になって伝えようという想いが社名の由来である。2007年6月にはネットマーケティング事業に参入し、ネット通販サイト「リコメン堂」を開設した。その後、大手のECモール各社との業務提携などにより、ECマーケティング事業を主力事業として業容を拡大した。2014年9月には東京証券取引所マザーズ市場に株式上場し、資金調達を図るとともに、2018年9月に(株)カンナートを完全子会社化、2019年10月にはベトナムに子会社ジェネパベトナムを設立、2020年4月には青島新綻紡貿易(有)の株式を追加取得するなど、M&Aを含む戦略投資によって飛躍的な事業拡大を図っている。



なお、カンナートは2021年6月、世界175ヶ国で170万以上のネットショップが日々運営されているマルチチャネルコマースプラットフォームを運営するShopify Inc.(本社:カナダ)の日本法人Shopify Japan(株)が行っているShopifyパートナープログラム「Shopify Experts(ショッピファイエキスパート)」の認定を受けた。Shopify Japanより独自審査をクリアした制作会社に与えられるものであり、創業から16年にわたる大手企業との取引実績に裏打ちされた品質と、Shopifyに熟練した社内スタッフによる相談へのクイックレスポンス、 企画・制作・開発を自社内でサポートできる対応力の3点が特に評価された。



(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)