<2158> FRONTEO 1100 +30

急反発。韓国子会社のFRONTEO Korea,Inc.がAIレビューツール「KIBIT Automator」をNAVERクラウドプラットフォーム上に構築し、本格的なサービス提供を開始したと発表している。KIBIT Automatorは、膨大な量の非構造化データの中から、証拠としての関連性の高いデータをAIが優先的に抽出し、弁護士や調査担当者などの文書レビューや解析の効率向上に役立つソリューションである。韓国市場で弁護士や調査担当者などからの需要が期待できるとして、買いが向かっているようだ。




<6659> メディアL 413 -28

急落。22年3月期第1四半期(21年4-6月)の営業損益を2.73億円の赤字(前年同期実績は2.26億円の赤字)と発表している。売上高はアジア市場が牽引して前年同期比34.6%増の4.84億円に伸びた。ただ、研究開発費を増額したことなどから販管費が13.2%増の4.84億円に膨らみ、営業損益は前年同期に比べ赤字幅が拡大した。通期予想は1.45億円の黒字(前期実績は2.38億円の赤字)で据え置いた。




<9478> SE H&I 239 +50

ストップ高。22年3月期第1四半期(21年4-6月)の営業利益を前年同期比3.0倍の4.80億円と発表している。出版事業で既刊書籍販売やWebメディア、イベント、電子書籍が好調に推移した。教育・人材事業や投資運用事業なども順調に伸び、大幅増益に貢献した。通期予想は前期比21.1%減の7.30億円で据え置いた。ただ、進捗率は65.8%に達しており、上方修正が期待できるとの期待感から買いが膨らんでいるようだ。




<9913> 日邦産業 630 +37

大幅に7日続伸。フリージア・マクロス<6343>が1月28日から開始していた日邦産業へのTOB(株式公開買い付け)を撤回すると発表している。TOB価格は1株につき930円だった。日邦産業が買収防衛策として発行した第2回新株予約権の全てを7月30日に無償で取得すると決定したことから、将来の株式価値の希薄化懸念が払拭されたとの見方から買いが入っているようだ。




<9073> 京極運輸 702 +100

ストップ高買い気配。新たに株主優待制度を導入すると発表している。100株以上1年以上継続して保有する株主にオリジナルQUOカード(1000円相当)を贈呈する。初回の基準日は9月30日。株式への投資魅力を高め、中長期的な保有者の増加を図る。優待導入が好感されていることに加え、買い気配値が6月1日に付けた直近高値(683円)を上回ったことから買いに拍車が掛かったとみられる。




<4558> 中京医薬 328 +17

大幅に続伸。28日に東京都で確認された新型コロナウイルス感染者数が3000人を超え、過去最多を更新したことが買い材料視されている。同じく新規感染者数が過去最多となった埼玉、千葉、神奈川の3県に対し、政府が緊急事態宣言を出すことも検討していると報じられており、感染の拡大が続けばマスクや消毒液など中京医薬品が手掛ける衛生関連商品の需要が増大するとの見方から買いが集まっているようだ。