シルバーライフ<9262>は急落。先週末に21年7月期の決算を発表、営業利益は8.39億円で前期比10.1%減益となり、第3四半期決算時に上方修正した数値7.7億円を上振れる着地に。一方、22年7月期は5.50億円で同34.5%減と大幅減益の見通し。栃木工場稼働による費用の増加が見込まれるほか、積極的な販売促進施策による広告費増加、新倉庫取得にかかる減価償却費発生などを要因としている。減益見通し自体は織り込み済みも減益幅は想定以上との見方に。