■GMOペパボ<3633>の業績動向



3. 財務状況とキャッシュ・フローの状況

2021年12月期第2四半期末の総資産は前期末比73百万円増加の8,284百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では売掛金が94百万円増加した一方で、現金及び預金(関係会社預け金含む)が330百万円減少した。また、固定資産では有形固定資産が77百万円、無形固定資産が34百万円、投資有価証券が174百万円それぞれ増加した。



負債合計は前期末比13百万円増加の5,680百万円となった。流動負債で未払金が215百万円、未払法人税等が83百万円減少した一方で、前受金が129百万円、営業未払金が112百万円、預り金が54百万円増加した。また、固定負債が153百万円増加している。純資産合計は前期末比59百万円増加の2,603百万円となった。配当金支出が426百万円あった一方で、親会社株主に帰属する四半期純利益362百万円を計上したほか、その他有価証券評価差額金が99百万円増加したことによる。



キャッシュ・フローの状況を見ると、営業活動により得られた収入は156百万円となり、投資活動による支出81百万円を吸収し、フリーキャッシュ・フローは75百万円のプラスとなった。一方で、配当金の支払い等により財務活動による支出が405百万円となり、第2四半期末の現金及び現金同等物の残高は3,291百万円となった。



経営指標を見ると、経営の安全性を示す自己資本比率は31.2%と前期末から若干上昇し、無借金経営で手元キャッシュも30億円台で推移していることから、財務の健全性は維持しているものと判断される。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)