■株主還元策



システムサポート<4396>では、株主に対する利益還元を経営上の重要課題としている。利益配分については将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、収益状況も勘案しながら安定配当を基本に、業績、利益水準に応じて配当水準の向上を図る方針を示している。2022年6月期の1株当たり配当金については前期比3.0円増配の24.0円と株式上場後、3期連続の増配となる予定だ。配当性向としては30%台前半の水準を目安にしていると思われることから、配当性向が30%を下回る状況となれば、更なる増配も期待できると弊社では見ている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)