ティーケーピー<3479>は30日、試験運営の一元管理に特化したシステム「AOT(オート)」を新たにリリースすると発表。



「AOT」は、様々な業務が発生する試験運営をサポートする試験運営管理システム。

試験運営に特化したシステム「AOT」は、試験受講者がアカウントを作成し、オンライン上で出願申込みや決済、受験票の発行、合否連絡、合格証明書の発行ができるサービス。これにより、試験運営において発生する業務をペーパーレスで運用することが可能となり、試験運営における一元管理をサポートする。



これまでも、オンライン試験に対応した「TKP CBTテストセンター」や、試験会場の手配、当日の試験監督官・受付などの人的支援、受験者の問い合わせ対応や書類不備チェック等の事務局代行など、試験運営に関して、ワンストップでサービスを提供してきた。



同社は今後も、場所の提供に加えて、圧倒的なスペース・顧客ネットワークを基盤に、顧客ニーズに応えるソリューションを提供していくとしている。