銘柄名<コード>14日終値⇒前日比

クレディセゾン<8253> 1409 -63

銀行株の下落でノンバンクの一角にも売り優勢か。



オリエントコーポレーション<8585> 158 -8

ノンバンク株の一角が売り優勢の展開にも。



アコム<8572> 390 -18

安値更新で見切り売り圧力も一段と強まる。



日本郵船<9101> 7210 -250

大手海運株揃って大幅安に。



T&DHD<8795> 1511 -31

米長期金利の低下で保険株が売り優勢。



第一生命HD<8750> 2402.5 -68.5

米長期金利の感応度高い銘柄として売り優勢。



ヒューリック<3003> 1155 -19

14日は公募株の受渡期日となっている。



アドテックプラズマテクノロジー<6668> 1790+300

前期上振れ着地で今期も大幅増益見通しに。



光陽社<7946> 2626 +500

ニッチツと同様に植島氏の大量保有銘柄として思惑物色。



ニッチツ<7021> 3640 +330

植島氏の大量保有など需給思惑が優勢の展開。



倉庫精練<3578> 635 +100

目立った材料ないが値動きの軽さから短期資金の値幅取り活発化。



キョウデン<6881> 430 +28

業績上方修正で増益率拡大へ。



コメ兵HD<2780> 2037 -138

13日は高値圏で上ヒゲ残し利食い売り集まる。



ティーケーピー<3479> 1867 +214

上期営業損失は赤字縮小で着地、2Q単体では黒字浮上。



アイドマ・ホールディングス<7373> 4705 -125

11月30日を基準日として1株につき2株の割合で株式分割へ。



アイフリークモバイル<3845> 144 +2

UUUMの子会社でNFTプラットフォーム事業を展開するFOROと戦略的業務提携契約。



アイ・ピー・エス<4335> 865 +55

10万株(1億円)を上限に自社株買いを実施へ(期間は10月14日から12月30日)。



チームスピリット<4397> 804 +55

22年8月期の最終損益は赤字転落見通し、短期的なアク抜け感が優勢か。



ROBOT PAYMENT<4374> 3605 +245

請求管理ロボ、「定期請求システム」に関する特許を取得。



アズ企画設計<3490> 1377 -12

上期営業損益は黒字浮上で着地。



ハーモニック<6324> 4775 +170

有明工場に65億円の設備投資、生産能力を月産7万台引き上げ。



スタジオアタオ<3550> 363 -25

上期の営業利益は前期比73.2%減の0.55億円で着地。



ケイブ<3760> 851 -111

第1四半期の営業損益は5.22億円の赤字転落で着地。