■今後の見通し



1. 2021年12月期通期の業績見通し

コーユーレンティア<7081>の2021年12月期通期の連結業績は、上期の業績が堅調であったことから期初予想(売上高21,800百万円、営業利益1,500百万円、経常利益1,470百万円、親会社株主に帰属する当期純利益890百万円)を上方修正し、現時点では売上高22,300百万円(前期比3.4%増)、営業利益1,900百万円(同37.4%増)、経常利益1,900百万円(同38.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,180百万円(同34.8%増)と予想されている。



2. セグメント別見通し

セグメント別では、レンタル関連は売上高15,840百万円(前期比3.4%増)、営業利益1,770百万円(同47.6%増)を見込んでいる。上期の状況を引き継ぎ、付加価値の高い商品やICTサービスにより、高い稼働率を維持できる見込みであること、また値引き抑制から大幅増益を予想している。一方で、スペースデザインは売上高3,920百万円(同4.0%減)、営業利益46百万円(同51.0%減)、物販は売上高2,540百万円(同5.6%減)、営業利益84百万円(同4.4%減)とそれぞれ減収減益が予想されている。主力のレンタル関連が大きく伸びることから、全社では大幅増益が予想されている。レンタル関連の今後の稼働率によっては業績がさらに上振れする可能性もありそうだ。



2021年12月期通期の商品調達額は1,300百万円〜1,500百万円、減価償却費は1,564百万円が見込まれている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)