ユニリタ<3800>は10日、2022年3月期第2四半期(21年4月-9月)の連結業績を発表した。売上高は4,967百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益は273百万円(同31.1%増)、経常利益は376百万円(同20.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は232百万円(同31.6%減)となった。



プロダクトサービスでは、自動化事業において、オンプレミス製品をクラウド化へと移行する需要の取り込みが奏功。また、メインフレーム事業は、大型案件の受注もあり好調に推移した。クラウドサービスでは、IT活用クラウド事業、事業推進クラウド事業ともに、主力サービスがブランド力を活かした営業活動を展開しマーケットならびに顧客ニーズ取り込み伸長した。プロフェッショナルサービスのコンサルティング事業では、DX推進のための情報システム部門強化ニーズに対応する運用コンサル案件やデータマネジメント案件の取り込みが奏功した。