エムアップホールディングス<3661>は12日、2022年3月期第2四半期(21年4月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比7.0%増の63.14億円、営業利益が同40.1%増の7.75億円、経常利益が同43.7%増の8.38億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同44.6%増の5.16億円となった。



コンテンツ事業の売上高は前年同期比1.7%減の52.34億円、セグメント利益は同10.4%減の8.74億円となった。ファンクラブ・ファンサイト事業等の売上高は同1.3%増の48.31億円となった。当第2四半期累計期間においては、新型コロナウイルス感染症の影響により、ライブやコンサートの開催自粛の影響から一部のファンクラブ/ファンサイトでは会員数の減少が見られたが、新規ファンクラブ/ファンサイトの開設と新規会員の獲得が順調に進み、全体の会員数は上昇に転じている。また、会員限定のライブ配信やファンクラブのアプリ化などにより、既存ファンクラブの会員数の維持、拡大にも努めた。動画視聴専用アプリ「FanStream」や「VR MODE」を通じたライブ配信も継続し、コロナ禍により音楽ライブやイベントが開催できない状況へと対応したライブコンテンツの提供も行ってきた。ファンクラブ/ファンサイトのポータルメディア「Fanpla」や、ファンクラブのプラットフォーム「Fanpla Kit」の普及、利用拡大も進めると同時に、ファンクラブの海外展開やオンラインサロン、クラウドファンディングといった新たなサービス展開の準備も推進した。EC事業の売上高は同27.8%減の4.03億円となった。当第2四半期累計期間においては、緊急事態宣言や自粛に伴い巣ごもり需要が増加したこと、アーティストグッズ等の販売がライブやコンサート等の会場からECへとデジタルシフトが進み、アーティストのオンラインストア等を積極的に開設してきた。一方で、新型コロナウイルス感染症の影響により、中止や延期となったコンサートグッズのEC販売という特需は剥落し、通常通りの商品取り扱いとなった。



電子チケット事業の売上高は同87.9%増の10.28億円、セグメント利益は1.60億円(前年同期は1.46億円の損失)となった。当第2四半期累計期間においては、徐々に有観客でのライブ、イベントは増加しつつあり、非接触による精度の高い顔パス入場システムの導入など新たな取り組みを行ってきた。依然として新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、電子チケット及びチケットトレードに関連する収益は低調な水準が続いているが、電子チケットの発券枚数やチケットのトレード数は想定以上に推移している。また、アーティストのサイン入りのグッズなどの商品を提供するオンラインくじ「メモコレ」も、キャッシュレス決済への対応などにより順調に販売を拡大させた。さらに、ライブの生配信やオンライン配信の視聴パスを販売するプラットフォーム「StreamPass」や、ライブトークアプリ「Meet Pass ライブトーク」などの提供により、収益の確保に努めた。電子チケット周辺領域のサービスとしては、プロ野球等のカードコレクションアプリにおいて、新たに1球団のサービスを提供開始するなど、販売は堅調に増加させた。



2022年3月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比10.3%増の136.00億円、営業利益は同17.4%増の13.00億円、経常利益は同11.3%増の13.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同31.7%増の8.30億円とする期初計画を据え置いている。



また、2022年3月期の期末配当予想について、株式分割前の株式数換算では5.00円増配し1株あたり28.00円に、同日公表した株式分割を考慮すると、1株あたり1.25円増配し7.00円の配当とすることを発表した。