ディア・ライフ<3245>は12日、世田谷区松原にマンション開発用地を取得したことを発表。



開発計画の概要は、物件名称が東松原プロジェクト(仮称)、延床面積2,041.43平方メートル、専有面積1,707.96平方メートル、鉄筋コンクリート造地上6階建(店舗1区画、共同住宅49戸)としている。



物件は、京王井の頭線「東松原」駅前に位置し、渋谷駅、新宿駅などへの通勤・通学における交通利便性が良好な立地。世田谷区においては北東部の北沢地域に分類され、下北沢や明大前に代表される活気ある商業地域。



物件周辺には、飲食店や物販店舗が建ち並ぶ賑やかな商店街が形成されており、さらにその周辺は閑静な住宅街となっている。交通利便性に加えて、居住性の高さから、単身者、ファミリー層からの幅広い賃貸需要が期待される。



同社は、同物件を都心接近性・生活利便性を志向する単身者・DINKS層向けマンションとして開発し、国内外の投資家・マンション販売会社・一般事業法人等に供給していくとしている。収益見通しについては、2024年9月期の売上の一部を予定している。