■ベルシステム24ホールディングス<6183>の業績動向



2. 2022年2月期連結業績予想

同社グループは、主要ビジネスであるCRM事業を中心に、既存クライアントとの取引拡大及び伊藤忠グループや凸版印刷の多様な企業ネットワークを活用した新規クライアント獲得強化による売上規模拡大に加え、人件費増に対応する適切なサービス価格設定の実施と、業務の効率化及びコストコントロールの徹底による収益性向上との相乗効果により、収益基盤の拡充策を強力に展開する計画である。



また、最先端の技術を活用したソリューションの提供など、新しい顧客体験の実現に向けた取り組みを進め、クライアント企業の期待水準を上回るビジネス価値を創造する。従業員に対しては、コンタクトセンター業務に必要なスキルを業務配属前に手厚く教育する就業支援施設の全国展開や、女性活躍を始めとするダイバーシティへの取り組み、障がい者の積極的な雇用など、より多様な働き方を実現する環境整備の取り組みを続ける考えだ。



こうした取り組みが順調に進んでいることを踏まえ、同社では2022年2月期通期の業績予想は期初予想を維持し、売上収益139,000百万円(前期比2.4%増)、営業利益12,200百万円(同3.4%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益7,800百万円(同7.6%増)の増収増益を計画する。売上収益では、前期のコロナ禍関連の大型スポット業務終了の反動減はあるものの、前期には積極的な営業活動ができなかった継続業務において、社会構造の変化などを受けた堅調なアウトソーシング需要を背景にした増収を見込む。また、営業利益段階では、DX推進により戦略・先行投資が増加するものの、新規取り組み強化などにより継続業務は安定拡大するうえ、前期に実施した減損損失の反動もあって増益を予想する。既に見た通り、第2四半期累計の各段階利益は通期予想の6割前後に達する高い進捗率を示しているが、同社では期初予想を据え置いている。現在はコロナ禍が収束傾向にあるものの、冬に第6波が再燃する懸念もあることから、同社では慎重な見方を変えていないためだが、例年、保守的な業績予想を発表していることから、最終的には予想を上回って着地する可能性が大きいと見られる。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)