銘柄名<コード>26日終値⇒前日比

コスモス薬品<3349> 19150 +270

南アフリカでの新型コロナ変異株確認によるリスク回避ムードのなか、

ディフェンシブ銘柄に資金流入。



JMDC<4483> 9240 ±0

SMBC日興証券は投資判断「1」継続で目標株価を10400円へ引き上げ。



スノーピーク<7816> 8350 +220

全面安商状のなか、ウィズコロナ性や売り長の需給による踏み上げもあり逆行高。



味の素<2802> 3486 +50

SMBC日興証券は投資判断「1」継続で目標株価を4400円へ引き上げ。



OKK<6205> 843 +73

日本電産傘下入りに伴う業容拡大期待で押し目買い優勢。



住友大阪セメント<5232> 3625 +295

高水準の自社株買い実施発表や大和証券の格上げで。



東洋電機製造<6505> 1226 +78

循環型波力揚水発電の実用化方針を引き続き期待視。



ライドオンE<6082> 1727 +113

コロナ感染再拡大意識で宅配需要の拡大を期待も。



シチズン時計<7762> 544 +22

高水準の自社株買い実施発表を好材料視。



マーケットエンタープライズ<3135> 935 +61

スピード調整一巡感で押し目買いも優勢に。



小野薬品工業<4528> 2503 +47.5

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価上げ。



神戸物産<3038> 4465 +95

25日にはマッコーリー証券が投資判断を格上げ。



タカショー<7590> 780 -116

8-10月期の営業減益をマイナス視。



レノバ<9519> 5450 -380

9月高値視界に入り戻り売り圧力も強まる。



オルトプラス<3672> 335 -22

株価下落で信用買い方の処分売り急がれる。



エイチ・アイ・エス<9603> 2080 -163

旅行関連は南アフリカでの新変異株検出を警戒視。



ヤマシンフィルタ<6240> 550 -34

8月安値割り込んで処分売りの流れ強まる。



菱洋エレクトロ<8068> 2271 -129

第3四半期好決算も出尽くし感が優勢に。



IHI<7013> 2322 -140

航空関連株としての警戒視も。



レーザーテック<6920> 29010 -1350

地合い悪化で半導体関連株にも売り圧力が波及。