銘柄名<コード>29日終値⇒前日比

スクリン<7735> 11510 +20

オミクロン株きっかけに利上げ懸念後退、成長期待高い半導体関連は買い優勢。



エイチ・アイ・エス<9603> 1971 -109

岸田政権は30日午前0時から全世界対象に外国人入国措置を禁止。



イビデン<4062> 7000 +30

ICパッケージ基盤など成長期待高く、前週末に続き別格の底堅さ。



ホットリンク<3680> 914 -108

前週末底堅かったが、マザーズ指数後場から崩れるなか利益確保の売り膨らむ。



シンプレクスHD<4373> 2829 +174

SMBC日興証券では新規に買い推奨。



ブイキューブ<3681> 1186 +29

コロナ変異株の感染拡大であらためてテレワークに関心も。



オイシックス・ラ・大地<3182> 3440 +70

巣ごもり消費関連の一角として関心へ。



メドピア<6095> 3750 +120

オミクロン株流行意識で医療人材関連の一角が堅調。



日本電子<6951> 9120 +400

ゴールドマン・サックス証券では目標株価を引き上げ。



川崎汽船<9107> 4945 +135

29日は大手海運株が一斉高の展開になる。



マルマエ<6264> 2952 +37

半導体製造装置関連の一角が強い動きに。



レーザーテック<6920> 30160 +1150

グロース株には利上げペース鈍化への思惑も。



日本郵船<9101> 7550 +180

コロナ再流行によるコンテナ運賃再上昇への思惑も。



インフォマート<2492> 1041 +14

CLSA証券では投資判断を格上げ観測。



商船三井<9104> 6640 +150

バルチック指数の上昇なども支援に。



任天堂<7974> 51340 +1490

コロナ再流行による巣ごもり消費の拡大を思惑視。



エムスリー<2413> 6300 +189

ワクチン関連として押し目買いの動きも強まる。



ジャステック<9717> 1040 -152

高配当利回りとして権利落ちの影響が強まる。



中越パルプ工業<3877> 976 -126

立会外分売実施発表で目先の需給懸念に。



東洋電機製造<6505> 1116 -110

連日の株価急騰で過熱警戒感強まる。



ファーストブラザーズ<3454> 936 -86

収益予想上方修正だが目先の出尽くし感先行へ。