銘柄名<コード>1日終値⇒前日比

東邦瓦斯<9533> 3000 -205

30日はMSCIリバランス売りで出来高が急増となっているが。



ピジョン<7956> 2167 -134

安値更新で手仕舞い売り圧力強まる。



リンクアンドモチベーション<2170> 681 -26

自己株処分などによる需給悪化懸念が続く。



マネーフォワード<3994> 7560 -260

営業外費用計上で通期経常損益予想を下方修正。



IMAGICA GROUP<6879> 746 -41

上値到達感も広がり見切り売りが優勢。



JCRファーマ<4552> 2392 -107

キッセイ薬品の保有株売却継続などを懸念も。



ファーマフーズ<2929> 2161 -111

新興市場の軟調な動きも逆風で見切り売り優勢継続。



アスクル<2678> 1372 -47

11月の月次下振れをネガティブ視。



日本郵船<9101> 7590 +190

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き上げ。



キーウェア<3799> 592 +20

JR東日本情報システムと資本業務提携。



Oakキャピ<3113> 104+12

CSSHDへの資本参加を買い材料視。



川本産業<3604> 904 -140

コロナ対策関連銘柄として直近急伸の反動。



シライ電子工業<6658> 486 +28

20万株(0.60億円)を上限として自社株を取得へ。



ファンドクリエーショングループ<3266> 86 +6

21年11月期の営業利益を従来予想の1.40億円から2.30億円に上方修正。



国際チャート<3956> 289 +19

ナカバヤシが株式交換で完全子会社化へ、22年2月25日付で上場廃止予定。



SKIYAKI<3995> 335 +4

新設分割によりファンクラブ事業の承継会社として設立する

エンターメディアFCの全株式を取得し、完全子会社化へ。



メタリアル<6182> 1152 +28

上期決算は黒字浮上、なお今期配当は7円を未定に変更。



ACSL<6232> 1830 +77

日本郵便が実施するドローンおよび配送ロボットの連携による

配送試行に国産ドローンを提供すると発表。



シリウスビジョン<6276> 344 +3

中国でのボトル容器向け画像検査事業について中国Yuzenと資本業務提携。



オプトエレクトロニクス<6664> 553 -36

HONEYWELL社からの訴訟提起による不透明感嫌気か。



ネクスグループ<6634> 165 +18

構造改革を通じてメタバース市場に進出すると公表。



AB&Company<9251> 1341 +174

直近IPOの一角には物色。