銘柄名<コード>6日終値⇒前日比

デクセリアルズ<4980> 3520 +95

東海東京証券は目標株価を5000円に引き上げ。



ENECHANGE<4169> 6300 -920

米国での金融引き締め懸念からグロース株は総じて売り優勢。



オリンパス<7733> 2400.0 -76.5

使い捨て内視鏡事業へ参入と報じられるも反応は限定的。



セラク<6199> 1690 -55

週足一目均衡表で雲下限割れ以降、下げ基調強まる。



内田洋行<8057> 5200 +570

第1四半期の大幅増益決算を買い材料視。



日本シイエムケイ<6958> 567 +53

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格上げ。



井筒屋<8260> 397 +25

仕手性の強さなども妙味に短期資金の流入が続く。



日本瓦斯<8174> 1548 +86

特に材料観測されないが底打ち感も強まり押し目買い。



川崎汽船<9107> 6550 +410

引き続きモルガン・スタンレーMUFG証券の目標株価引き合上げを材料視。



四国電力<9507> 821 +38

6日は電力株が全面高の流れにも乗る。



デンカ<4061> 3640 +155

野村證券では投資判断を買い推奨に格上げ。



ライオン<4912> 1591 +52

足元の下落ピッチ速く突っ込み警戒感も台頭へ。



日本電波工業<6779> 1491 -55

大真空とともに水晶関連が下げきつい。



マネックスグループ<8698> 798 -65

ビットコイン価格の大幅下落を弱材料視。



大真空<6962> 1410 -116

値動きの鈍さ嫌気して見切り売りの動き加速化。



マネーフォワード<3994> 6670 -700

10月安値水準も割り込んで処分売り圧力強まる。



JMDC<4483> 7810 -730

中小型グロース株が総じて軟調な動きに。



ベイカレント・コンサルティング<6532> 46600 -2950

5万円レベルの戻りの鈍さも意識へ。



ソフトバンクグループ<9984> 5103 -456

アリババ株の大幅下落などもネガティブ視へ。



IMAGICA GROUP<6879> 680 -65

自律反発の動きも限定的で戻り売り優勢に。



SHIFT<3697> 23540 -1190

マザーズ軟化などで中小型のグロース株売り優勢。