■株主還元策



1. 配当金及び株主優待制度

MonotaRO<3064>は業績に合わせて安定配当していく方針である。2013年12月期(配当金3.0円)から連続して増配を続けており、配当性向も32%から35%のレンジで推移してきた。2021年12月期の配当金は、期初計画どおり年間配当11.5円(前期比2.5円増配、第2四半期末5.75円実施済、期末5.75円予想)、配当性向は33.1%を予想している。同社は利益の成長率が高いため、速い増配ペースが期待できる。なお、同社は株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図るため、2021年4月1日を効力発生日として1:2の株式分割を実施した。



また、同社は株主優待として、決算期末(12月末日)に100株以上を半年以上継続して保有している株主に対し、継続保有期間に応じた金額相当分のプライベートブランド商品を贈呈している(半年以上:3,000円分、3年以上:5,000円分、5年以上:7,000円分)。商品への変換率も高く好評を得ていると言う。



2. 「プライム」市場を選択

同社は、2022年4月の東証再編に伴い、東証からの通知により新市場区分における「プライム市場」の上場維持基準に適合していることを確認した。この結果に基づき、2021年9月の同社取締役会において、「プライム市場」の選択申請を行うことを決議した。今後は、新市場区分の選択申請に係る所定の手続きを進める予定である。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)