ギグワークス<2375>は24日、取締役会において2021年10月31日を基準日とする剰余金の配当を行うことを決議したと発表。1株当たり配当金は、12月7日公表の予想と同じ8円00銭。



同社は、2021年4月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っており、前期実績は1株当たり22円00銭だったため、実質的な増配となる。



同社グループでは、重点分野への積極的な投資等により競争力を早期に築くことと、株主への利益還元を重要な経営課題としており、より一層の業績向上を図ることで株主に還元できるように安定配当・増配を目指すとしている。