■アイナボホールディングス<7539>の中長期の成長戦略



前回の第2次中期経営計画(2017年9月期〜2019年9月期)の目標は売上高700億円、営業利益19億円であったが、この目標はほぼ達成された。これに続き、2022年9月期を最終年度とする第3次中期経営計画を発表している。コロナ禍の影響により、最終年度の2022年9月期の数値目標は修正され、売上高800億円、営業利益率2.8%(営業利益2,200百万円)を掲げている。元の状況から判断すると、売上高の目標達成は容易ではないだろう。しかし、営業利益は達成される可能性があり、現時点においてこの目標値は変えていない。



第3次中期経営計画の施策の弊社注目点としては、次のとおりである。

(1) 重点商材(外装材:サッシ・サイディング等)のさらなる強化

(2) グループ各社の事業戦略・エリア戦略によるM&Aを実施

(3) 必要投資を積極的に行うほか、従業員に利益を還元しながらも、営業利益額は維持

同社は、これらの施策は粛々と実行していく方針だ。



なお同社は新中期経営計画を策定中であり、2022年の秋ごろには発表する予定だ。数値目標や内容がどのようなものになるのか注目される。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)