Jトラスト<8508>は12日、Nexus Bank<4764>と、Jトラストを株式交換完全親会社、Nexus Bankを株式交換完全子会社とする株式交換契約を締結したことを発表。



Nexus Bankは、3月15日開催予定の定時株式総会の決議による承認を受けた上で、4月1日を効力発生日とする予定。Jトラストは、会社法第796条第2項の規定に基づき、株式総会の承認を不要とする簡易株式交換の手続きにより実施する予定としている。



Nexus Bankの普通株式は、東京証券取引所JASDAQグロース市場にて、3月30日付で上場廃止となる予定。同株式交換により、Nexus Bankの株主には、Jトラストの株式が交付される。交付株式数は、Nexus Bankの普通株式が10,867,860株、A種優先株式が1,700,788株である。普通株式に対する割当比率は、Jトラストが1株に対してNexus Bankが0.20株である。Nexus BankのA種優先株式に対する割当比率は、Jトラストが1株に対してNexus Bankが20株である。A種優先株式1株は普通株式100株へ転換となる。普通株式1株の転換価格は127円である。