銘柄名<コード>14日終値⇒前日比

JTOWER<4485> 7130 -380

マザーズ指数再び急落のなか下値模索の展開、連続陰線形成記録を更新。



フェローテックホールディングス<6890> 3685 -150

台湾積体電路製造(TSMC)の好決算より、新興株の地合い悪化を強く受ける。



ウエストホールディングス<1407> 3695 -700

第1四半期は大幅減益でネガティブサプライズ。



アウトソーシング<2427> 1691 +143

決算発表前に悪材料出尽くしを狙った買い。



ナルミヤ<9275> 1093+150

ワールドがTOBを実施して子会社化目指すと発表。



キャリアリンク<6070> 1420 +209

今期業績予想は想定以上の上方修正に。



ミクニ<7247> 468 +80

上海に電動オイルポンプの新生産ラインを設置と。



アステリア<3853> 985 +70

有価証券評価益計上で業績予想を上方修正。



乃村工藝社<9716> 1006 +69

通期業績予想の上方修正を発表へ。



ソリトンシステムズ<3040> 1397 +66

高画質、低遅延エンジンのクラウド稼働などを期待材料視。



ファーストリテイリング<9983> 63910 +4770

第1四半期は海外好調で計画上振れの順調決算に。



竹内製作所<6432> 3065 +173

業績・配当予想の上方修正を好感。



ビックカメラ<3048> 1006 +62

決算と同時に発表した自社株買いの実施を好感。



7&iHD<3382> 5161 +240

通期業績上方修正など堅調決算受けて買い安心感。



前澤工業<6489> 638 +38

上半期大幅増益や年間配当計画引き上げで。



エスプール<2471> 1121 +65

今期も連続での2ケタ増益見通しとしている。



星和電機<6748> 646 +26

高比表面積キャパシタ炭素電極の開発成功を引き続き材料視。



日立建機<6305> 2976 -609

日立製の保有株売却報道受けてTOB期待が後退。



ウイングアーク1st<4432> 1710 -286

好決算発表も地合い悪の中で材料出尽くし感につながる。



アステナHD<8095> 411 -80

想定以上の今期大幅減益見通しがネガティブインパクトに。



メディアドゥ<3678> 3165 -475

9-11月期の営業益伸び悩みをネガティブ視。



久光製薬<4530> 3635 -405

第3四半期累計営業益は2ケタ減益に。



セラク<6199> 1310 -112

第1四半期経常益は3割超の減益に。



インソース<6200> 2078 -159

特に材料見当たらずグロース売りなど需給要因が中心か。



Sansan<4443> 1825 -159

上半期の営業赤字決算をマイナス視。



システムソフト<7527> 117 -9

米IT関連株安の流れもマインド悪化につながる。