■主な活動実績



1. 「MIRAIGATE 2021 Web展示会&セミナー」の開催

ダイコク電機<6430>は毎年、全国各会場での展示会及びセミナーを通じて、新製品の案内やホール経営に役立つ提案(データ活用等)などを行っており、同社にとって重要な営業及びリレーション構築の場となっている。コロナ禍対策の観点から2020年よりオンラインでの開催を続けており、今年も9月(9月1日〜14日)に開催し、参加者は約5,500名に上った。オンラインによる参加のしやすさもあるだろうが、厳しい業界環境が続くなかで、同社製品及び提案に対する期待や潜在的な需要の大きさを示すものとして捉えることができる。「MIRAIGATE 2021 Web展示会&セミナー」では「データ管理を変える」「集客を変える」「働き方を変える」を3大テーマに掲げ、それらに資する製品・サービスを提案した。また、同時開催した「SISオンラインセミナー」では、「飛躍」をテーマに、ビッグデータによる市場分析や業績向上につながる経営戦略、営業戦略などを取り上げた。



2. サステナビリティへの取り組み

同社は、サステナビリティ活動を持続的かつ体系的に推進し、ESGやSDGsを重視した経営により持続可能な成長や社会を実現するため、2021年11月にサステナビリティ委員会を設置した。経営理念である「イノベーションによる新しい価値づくりを通じ、これからも一貫して持続的な成長を果たしてまいります。」に基づき、中長期的な企業価値を創出していくところに狙いがある。本委員会は代表取締役会長を委員長とし、代表取締役社長、代表取締役専務、常務取締役によって構成され、サステナビリティ方針の策定やマテリアリティの特定、サステナビリティ推進活動などに関する審議を行い、取締役会に報告や提言を行う役割を担う。なお、サステナビリティ方針の策定及びマテリアリティの特定については、2022年3月までに公表する予定としている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)