銘柄名<コード>18日終値⇒前日比

三井松島HD<1518> 2193 -159

業績・配当予想を上方修正した住石HD<1514>の出尽くし感が波及。



エヌエフホールディングス<6864> 1310 -19

営業利益予想を下方修正。



東邦ホールディングス<8129> 2030 -8

業績予想を大幅に上方修正し、急速に下げ渋る。



JCRファーマ<4552> 2288 -134

ヒト歯髄由来幹細胞「JTR-161」の共同開発を終了と発表。



クレディセゾン<8253> 1614 +277

旧村上系ファンドの株式取得を材料視。



ベクトル<6058> 1307 +107

今期の営業2ケタ増益見通しが引き続き買い材料に。



佐鳥電機<7420> 1193 +94

業績・配当予想の大幅上方修正を引き続き材料視。



サインポスト<3996> 1185 +87

今期の営業黒字転換見通しを引き続き好感。



東洋建設<1890> 950 +35

任天堂創業家が買収受け入れの再検討を要請と。



マルマエ<6264> 2214 +146

業績上方修正や自社株買いを評価先行。



ベイカレント・コンサルティング<6532> 41400 +2050

好決算発表受けて先週末は出尽くし感が先行したが。



住友大阪セメント<5232> 3250 +115

年初来安値でいったん下げ達成感も。



J.フロント リテイリング<3086> 965 +32

4月前半の売り上げ動向などプラス視か。



東洋証券<8614> 179 +5

前期業績の速報値発表以降は買い優勢に。



IDOM<7599> 644 -49

中古車価格の下落報道をマイナス視。



マネジメントソリューションズ<7033> 4655 -235

グロース株安の中で利食い売りが向かう流れにも。



スパークス・グループ<8739> 255 -15

先週末の後場に急伸した反動が強まる形。



TSI HD<3608> 278 -12

今期大幅減益見通しを引き続きマイナス視へ。



リクルートHD<6098> 5067 -174

グロース株安の流れには追随しやすく。