オプティマス<9268>は急伸。前日に業績・配当予想の上方修正を発表。22年3月期営業利益は従来予想の28億円から30.7億円、前期比3.6倍の水準にまで引き上げ。ニュージーランド向け計画比取扱数量の減少を他国向け輸出でカバーできているほか、旺盛な需要による価格上昇、円安効果なども上振れ要因に。年間配当金も従来計画の125円から140円に引き上げ、前期比では90円の増配となる。業績・配当予想とも上半期決算時に続く上方修正となり、素直に好感されている。