サイバーAG<4751>は急伸。前日に上半期決算を発表。営業利益は455億円で前年同期比38.2%増益となった。市場予想を40億円近く下回ったほか、1-3月期は営業減益に転じる形となった。また、これまで非開示だった通期予想は700億円で前期比32.9%減としており、880億円程度の市場予想を大きく下振れ。ただ、第1四半期後はガイダンス懸念で株価が大きく下落。前日にかけて再度安値を割り込んでいたこともあり、目先の悪材料出尽くし感が先行している。