オプティム<3694>は26日、同社が提供するAIを活用した契約書管理サービス「OPTiM Contract」を、イグアスより販売開始すると発表した。



「OPTiM Contract」は契約書管理の効率化を実現するサービス。AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」を基盤として、安心安全な環境下での契約書管理が可能。アップロードした契約書のPDFデータをAIが解析し、管理台帳を自動作成するほか、ユーザーにとって利便性の高いサービスを提供するとしている。



イグアスより「OPTiM Contract」が販売されることで、全国約600社のイグアスのパートナー企業や、製造・流通業を始めとする大企業から中小企業の顧客へ「OPTiM Contract」を提供することが可能になるとしている。