銘柄名<コード>28日終値⇒前日比

日本エスコン<8892> 762 -47

第1四半期大幅経常減益を嫌気。



京成電鉄<9009> 3195 -160

業績下方修正で一転営業赤字に。



ギフティ<4449> 1045 -59

中小型グロース株は引き続き売り優勢。



Sansan<4443> 1251 -74

マザーズ株安など中小型グロースの一角安い。



エムスリー<2413> 4202 -102

1-3月期想定比下振れや主力事業の売上成長鈍化をマイナス視。



関西電力<9503> 1140 -47

今期経常赤字ガイダンスがネガティブインパクトに。



コーエーテクモ<3635> 3965 -205

決算評価の動きで前日にかけ上昇の反動も。



ブイキューブ<3681> 919 -33

第1四半期決算発表控えて換金売りが先行。



三菱UFJ<8306> 754.3 +17.6

米長期金利の上昇を買い材料視。



キーエンス<6861> 52850 +2530

順調な業績拡大を確認で見直しの動き強まる。



アドバンテスト<6857> 8990 +370

コンセンサス比上振れガイダンスを評価へ。



第一三共<4568> 3262 +225

大幅増益見通し評価の動きが継続。



信越化<4063> 17985 +520

底堅い決算や自社株買い発表を好材料視。



三井住友<8316> 3915 +83

ゴールドマン・サックス証券では新規に買い推奨。



新光電工<6967> 5710 -50

決算受けたイビデンの急落に連れ安へ。



ブロードメディア<4347> 994 +141

2ケタ増益や増配見通しを好感。



フジプレアム<4237> 380 +28

関連性不明も京大のペロブスカイト型太陽電池作製報道など思惑材料視か。



FDK<6955> 727 -75

今期の大幅減益見通しをネガティブ視へ。



Shinwa<2437> 479 -29

目立った材料ないが高値圏で換金売り集まる形か。



フルハシEPO<9221> 1648 -196

上値到達感から処分売りの動きが優勢。



サイバートラスト<4498> 4240 +700

23年3月期の営業利益予想を前期比15.1%増の10.00億円と発表。



SBIインシュアランスグループ<7326> 998 -13

22年3月期予想を上方修正、経常利益は44.00億円から59.25億円に引き上げ。



Waqoo<4937> 783 -81

戻り待ちの売りをこなしながら一時連日の上昇。



ヘリオス<4593> 746 +15

兵庫県庁から「再生医療等製品製造販売業許可」を取得。



アジャイルメディア・ネットワーク<6573> 370 -80

東証が同社を監理銘柄(確認中)に指定したことを嫌気。



マクアケ<4479> 1732 +149

27日は下方修正を受けて急落したが。



ハイアス<6192> 130 ±0

一時145円まで上昇、28日も同社など低位株の一角には物色。



Jストリーム<4308> 741 +22

23年3月期の営業利益予想1.2%増、年間配当予想は増配。



ストレージ王<2997> 685 -78

27日にグロース市場に新規上場、換金売りが優勢の展開。



モイ<5031> 1228 +200

27日にグロース市場に新規上場、全般薄商いのなか物色集める。