エプソン<6724>は急伸。先週末に22年3月期決算を発表。営業利益は945億円で前期比98.3%増益、従来予想の840億円を大幅に上回る着地となった。為替の円安効果などが上振れ要因となった。また、23年3月期は960億円で同1.6%増の見通しで、810億円程度の市場予想を大幅に上回っている。事業環境が不透明な中、原材料費や物流費上昇により、減益ガイダンスが想定されていたとみられ、想定外に底堅い業績見通しと捉えられている。