■株主還元策



RS Technologies<3445>は株主還元を重要な経営課題と認識しており、配当を通じて株主還元を行うことを基本方針としている。配当額は各事業年度の利益水準、中期経営計画の見通し、財務体質の強化等の状況を総合的に判断したうえで、柔軟に実施していく方針を示している。2022年12月期については前期と同額の25.0円(配当性向6.7%)を予定しているが、過去4期連続で増配してきたことや、配当性向が6.7%とやや低いこともあり、業績が順調に推移するようであれば連続増配される可能性も十分あると弊社では見ている。



なお、同社はコーポレート・ガバナンス体制の強化を図るため、2022年3月の株主総会において監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行することを決定した。取締役の職務執行の監査等を担う監査等委員を取締役会の構成員とすることにより、取締役会の監督機能を強化するほか、業務執行と監督を分離することで経営の意思決定を迅速化し、さらなる企業価値の向上を図ることが目的だ。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)