銘柄名<コード>10日終値⇒前日比

レノバ<9519> 1516 -68

決算発表控えて換金売りが優勢か。



エヌ・ティ・ティ・データ<9613> 2265 -175

前日に思惑買いで一時急伸の反動が続く。



日本空港ビルデング<9706> 5180 -280

リオープニング関連の一角も軟調なもの多い。



大平洋金属<5541> 3200 -285

決算発表控えてガイダンス懸念優勢か。



オープンドア<3926> 1644 -101

グロース株安に信用買い残なども高水準で。



マネーフォワード<3994> 3465 -135

マザーズ指数安値更新など中小型グロースには逆風。



東邦チタニウム<5727> 1353 -95

大阪チタとともに前日から下げ目立つ流れに。



ヤマダHD<9831> 480 +9

高水準の自社株買い発表で前日に急伸。



トヨタ自動車<7203> 2178.5 -66.5

4月の中国自動車販売急減をネガティブ視。



日本郵船<9101> 9270 -450

今期の減益・減配見通しをマイナス視。



アイフル<8515> 379 -1

業績予想を下方修正している。



川崎汽船<9107> 8200 +480

株主還元策への期待感が続く。



キヤノン<7751> 3130 +83

約2年ぶりの自己株式取得実施を発表。



ナガホリ<8139> 713 +32

前日に高値更新し、踏み上げ期待など優勢か。



アートスパーク<3663> 805 -95

決算評価で前日は急伸となったが。



フルハシEPO<9221> 1544 -65

上場来安値更新で手仕舞い売り圧力強まる。



cotta<3359> 535 +32

不二製油との資本業務提携について発表。



バルテス<4442> 1564 +264

22年3月期予想を上方修正、営業利益は4.64億円から5.70億円に引き上げ。



Appier Group<4180> 776 -5

22年12月期予想を上方修正、赤字幅が縮小する見通しに。



GMOリサーチ<3695> 2565 +305

第1四半期の営業利益は前年同期比68.8%増の2.10億円で着地。



リボミック<4591> 179 +4

22年3月期予想を上方修正、赤字幅が縮小する見通しに。



サンバイオ<4592> 1113 -17

スズケンと共同開発した再生医療等製品における

流通管理・投与スケジュールサポートシステム「R-SAT」に関する特許取得。



モダリス<4883> 318 -6

自社モデルパイプラインとして新規にMDL-105を追加。



エルテス<3967> 937 +74

連結子会社がバンズ保証の全発行済普通株式及びバンズシティの

プロパティ・マネジメント事業を取得する旨の基本合意書を締結したと発表。



ステラファーマ<4888> 489 +13

バイオ株に物色散見。



タスキ<2987> 701 -93

22年9月期予想の上方修正が小幅であり、立会外分売の発表嫌気が優位。