住友鉱<5713>は大幅続落。前日に22年3月期の決算を発表、税引前利益は3574億円で前期比2.9倍となり、従来予想の3140億円を超過。年間配当金も従来計画の258円に対して301円と発表している。一方、23年3月期税引前利益は1940億円で同45.7%の大幅減益見通しとし、年間配当金も大幅減配の175円計画としている。市況前提などは保守的とみられるが、利益水準はコンセンサスを400億円程度下振れており、ネガティブな反応が先行へ。