■業績動向



1. 2022年2月期の業績概要

クリーク・アンド・リバー社<4763>の2022年2月期の連結業績は、売上高で前期比12.0%増の41,799百万円、営業利益で同39.4%増の3,411百万円、経常利益で同37.6%増の3,419百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同35.0%増の2,224百万円と過去最高を更新、2021年9月に上方修正した会社計画に対しても上回って着地した。売上高は12期連続増収、各利益は3期連続増益となる。



主力のクリエイティブ分野(日本)を中心にすべての事業セグメントで増収となり、営業利益もクリエイティブ分野(日本)、医療分野、会計・法曹分野が2ケタ増益となったほか、クリエイティブ分野(韓国)が黒字転換、その他も損失額が縮小するなど全般的に順調に推移した。



事業別売上高を同社が開示している売上構成比から試算すると、プロデュース事業は前期比18.6%増の15,047百万円、エージェンシー(派遣)事業は同4.6%増の17,555百万円、エージェンシー(紹介)事業は同12.0%増の5,433百万円、ライツマネジメント事業他は同26.0%増の3,761百万円となった。プロデュース事業ではゲーム、Web等のクリエイティブ分野(日本)が、エージェンシー(紹介)事業では医療分野が好調に推移した。また、ライツマネジメント事業他では、電子書籍の取次や自社開発作品の販売などが伸長した。



一方、売上総利益はプロデュース事業が同32.6%増の4,776百万円となり、売上総利益率も前期の28.4%から31.7%に上昇した。クリエイティブ分野(日本)で業務のDXに取り組んだほか、リモートワーク体制が浸透※したことで生産性が向上した。エージェンシー(派遣)事業は同3.6%増の4,005百万円と1ケタ増にとどまった。クリエイティブ分野(日本)において請負案件が増加した一方で、派遣ニーズがやや伸び悩んだことが影響した。エージェンシー(紹介)事業は同9.1%増の5,238百万円と堅調に推移し、ライツマネジメント事業他は同29.9%増の1,386百万円となった。全体の売上総利益率はプロデュース事業の収益性向上により前期の35.7%から36.9%に上昇した。



※2022年2月期のリモートワーク比率は43%。総務省が毎年実施している「令和3年度 テレワーク先駆者百選」に選定されている。





販管費は人件費やシステム関連費用、採用費等の増加に加えて、第4四半期に認知度向上を目的としたテレビCMを実施したこともあり前期比10.1%増となったが、増収効果により販管費率は同0.5ポイント低下の28.7%となった。この結果、営業利益率は前期の6.6%から8.2%に上昇した。四半期ベースでは、第4四半期は売上高で前年同期比7.9%増と増収が続いたにもかかわらず、営業利益は同25.6%減の399百万円と6四半期ぶりの減益に転じている。これはテレビCMを中心に広告費を集中投下したことや人材採用を強化するなど、2023年2月期以降の成長に向けた先行投資を約2億円かけて実施したことが要因だ。これら費用を除けば10%強の増益だったと見られる。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)