トヨタ自<7203>は大幅続落。前日の後場に決算発表、その後は売り優勢となり、本日も軟調な展開が継続する形に。22年3月期営業利益は2兆9956億円で前期比36.3%増益、国内企業での過去最高を更新している。一方、23年3月期は2兆4000億円で同19.9%減の見通し、市場コンセンサスは3兆3000億円程度であった。為替前提115円などから保守的と受けとめられているが、原材料費上昇の影響は想定以上に大きいとのネガティブな見方が優勢に。