銘柄名<コード>12日終値⇒前日比

Sansan<4443> 1035 -130

中小型グロース安の流れに押される。



LIFULL<2120> 189 -28

最終益は一転赤字に下方修正。



シャープ<6753> 1014 -90

SDP買収発表をネガティブ視。



ギフティ<4449> 822 -110

中小型グロースの主力の一角として売り波及。



ネットプロHD<7383> 532 -50

中小型グロース安の中で直近IPO銘柄も軟調。



ベネフィット・ワン<2412> 1672 -197

今期の2ケタ減益見通しを引き続きマイナス視。



日本マイクロニクス<6871> 1370 -123

上期経常利益を下方修正。



エムスリー<2413> 3522 -404

グロース株安の流れがストレートに波及の格好で。



ほくほく<8377> 796 -71

1-3月期の収益水準鈍化をマイナス視。



メドピア<6095> 2333 -236

JMDCの決算後の株安も逆風に。



沖電気工業<6703> 780 -86

今期業績見通しはコンセンサスを大幅下振れ。



ラクスル<4384> 2130 -216

3月安値水準も割り込んでおり下値不安強く。



インフォマート<2492> 462 -51

中小型グロースの一角として売り優勢。



日本M&A<2127> 1289 -134

グロース株安の中で戻り鈍い展開へ。



ラクス<3923> 1258 -144

バリュエーションの割高感を警戒視。



レーザーテック<6920> 16475 -1650

米ナスダック安でグロース株には全般売り。



SHIFT<3697> 19520 -1820

グロース株安の流れに押される格好で。



トヨタ自動車<7203> 2050 -32

原材料高影響大きく今期業績見通しはコンセンサス下振れ。



ソフトバンク<9434> 1423.5 -90.0

再評価益など除けば厳しい収益見通しに。



ソフトバンクグループ<9984> 4491 -392

米ナスダックの大幅安を反映へ。



INPEX<1605> 1474 -4

通期業績予想を上方修正している。



SCREEN<7735> 10760 +60

今期営業利益はコンセンサス水準上振れ。



花王<4452> 4904 -329

第1四半期大幅減益決算をマイナス視。



コマニー<7945> 1794+300

MBO実施発表でTOB価格2100円にサヤ寄せ続く。



ヨネックス<7906> 965 +150

今期2ケタ増収増益見通しを高評価。



アルマード<4932> 1075 +150

好決算や株主還元策強化を評価。



ナガホリ<8139> 800 +86

値動きの軽さをはやして上値追いが続く。



ケル<6919> 1385 +85

前期配当金の大幅増配など評価。



フルヤ金属<7826> 7730 -1340

上方修正幅限定的で出尽くし感優勢。



グローバルI<4171> 1716 -230

第1四半期決算サプライズなく出尽くし感先行。



さいか屋<8254> 286 -34

目立った材料ないまま11日に急伸の反動。



東洋合成<4970> 8150 -680

今期の増益率鈍化見通しマイナス視か。



ALBERT<3906> 4765 -195

第1四半期の営業利益は前年同期比86.2%増の2.63億円。



ラクオリア創薬<4579> 721 -34

胃食道逆流症治療薬「tegoprazan」の導出先が

インドを含む7ヵ国を対象としたライセンス契約を締結したと発表。



サンアスタリスク<4053> 1229-400

第1四半期の営業利益は前年同期比26.7%減の3.05億円。



エクサウィザーズ<4259> 558 +2

23年3月期は大幅増収で黒字浮上の見通し。



MTG<7806> 1108 -300

上期の営業利益は前年同期比24.1%減の23.04億円。



日本リビング保証<7320> 1412 -240

第3四半期決算を受けてマドを空けての急落。



弁護士ドットコム<6027> 2904 -326

同社など東証グロース市場の主力処も下げがきつい。



メルカリ<4385> 2077 -189

同社など東証グロース市場の主力処も下げがきつい。



ロコンド<3558> 965 +5

伊藤忠と「Reebok」ブランド取り扱いで合弁会社設立へ。



サークレイス<5029> 982 -134

直近IPO銘柄も換金売りが優勢。