メディネット<2370>は12日、2022年9月期第2四半期(21年10月-22年3月)決算を発表した。売上高が前年同期比15.7%増の3.18億円、営業損失が6.78億円(前年同期は5.45億円の損失)、経常損失が6.76億円(同5.36億円の損失)、四半期純損失が6.78億円(同5.09億円の損失)となった。



細胞加工業の売上高は前年同期比15.7%増の3.18億円、セグメント損失は1.05億円(前年同期は0.90億円の損失)となった。3つのビジネス領域(「特定細胞加工物製造業」「バリューチェーン事業」「CDMO事業」)の拡大に向けて積極的な活動を展開した。当第2四半期累計期間においては、新型コロナウイルス感染症の影響は続いているものの、新たな細胞加工の拡充やCDMO事業の展開等に注力し、売上高は増収となった。また、売上高の増加等により売上総利益は増加したが、販売費及び一般管理費が増加したことにより、利益面は損失となった。



再生医療等製品事業の売上高は前年同期比28.7%減の0.00億円、セグメント損失は3.07億円(前年同期は2.01億円の損失)となった。再生医療等製品の早期の収益化を目指すとともに、国内外で行われている再生医療等製品の開発動向にも注目し、それらのパイプライン取得、拡充を視野に入れた活動を行った。利益面は研究開発費の増加等があった。



2022年9月期通期の業績予想は、売上高が前期比10.1%増の7.52億円、営業損失が17.55億円、経常損失が17.55億円、当期純損失が17.61億円とする期初計画を据え置いている。当年度の期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適用しているため、業績予想は当該会計基準等を適用した後の金額となっている。