APAMAN<8889>は13日、2022年9月期第2四半期(21年10月-22年3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比0.7%増の227.44億円、営業利益が同116.4%増の9.27億円、経常利益が同116.5%増の7.01億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同454.9%増の1.61億円となった。



Platform事業の売上高は前期比1.6%増の182.41億円、セグメント利益は同46.4%増の14.03億円となった。オンライン推進等による直営店舗の増収増益とM&A管理会社の寄与があった。また、管理戸数の増加、累積付帯商品粗利の増加、借上社宅及び社宅斡旋提携社数の増加があった。

Technology事業の売上高は前期比1.6%増の39.77億円、セグメント利益は同8.3%増の2.03億円となった。オンライン推進による増収増益、SKIPS(クラウド)による生産性向上があり、電子契約の拡大に期待している。



2022年9月期通期については、売上高は前期比1.3%増の450億円、営業利益は同32.7%増の18億円、経常利益は同25.6%増の10億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同66.8%減の2億円とする期初計画を据え置いている。