ダイコク電機<6430>は13日、2022年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比4.5%増の243.90億円、営業利益が同96.2%増の11.91億円、経常利益が同38.6%増の13.67億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同100.6%増の12.28億円となった。



情報システム事業の売上高は前期比6.8%増の186.47億円、セグメント利益は同11.9%増の21.71億円となった。「パチンコホール向け製品等」においては、AIホールコンピュータ「X(カイ)」、CRユニット「VEGASIA」、ファン向け情報公開端末「REVOLA」・「BiGMO PREMIUM」の販売は前年同期を上回ったが、世界的な半導体不足の影響を受け、引き合いが多い一部製品の供給が追い付かず、販売台数を調整せざるを得ない対応となった。「サービス」売上については、クラウドチェーン店舗管理システム「ClarisLink(クラリスリンク)」をリリースし、他の主要サービスも堅調に推移しており、営業店舗数が減少するなか、前年同期を大幅に上回った。



制御システム事業の売上高は前期比2.2%減の57.59億円、セグメント利益は同433.0%増の5.37億円となった。「遊技機メーカー向け表示・制御ユニット等」は、パチンコ機向けの販売が好調に推移したことに加え、事業領域の拡大として新たにパチスロ機の受託製造を開始したことから、売上は前期を上回った。「部品・その他」では、遊技機メーカー向けの販売を伸ばせず、売上は前期を下回った。



2023年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比6.6%増の260.00億円、営業利益が同28.6%減の8.50億円、経常利益が同30.5%減の9.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同47.1%減の6.50億円を見込んでいる。