IC<4769>は13日、2022年9月期第2四半期(21年10月-22年3月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比5.7%増の42.89億円、営業利益が同17.1%増の4.62億円、経常利益が同17.7%増の4.93億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同6.2%増の3.20億円となった。



顧客密着型ソリューションビジネスを主体としたサービス・技術の提供を進めるとともに、電子決済や非接触での入場が可能なチケット販売サービスの提供、経費削減に取り組み、事業活動及び顧客基盤の拡大に努めた。



2022年9月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比5.9%増の85.85億円、営業利益が同4.3%増の6.24億円、経常利益が同1.1%増の6.75億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同4.4%減の4.66億円とする期初計画を据え置いている。