銘柄名<コード>18日終値⇒前日比

メイコー<6787> 3970 +35

EV向け半導体パッケージ基板の量産体制整備のため、

2026年度までの設備投資を増強と伝わるも、戻り待ちの売り強く朝高後に失速。



オルガノ<6368> 9970 +580

もみ合い上放れで上値抵抗線だった25日線を明確に上抜ける。



KeePer技研<6036> 2919 +180

5月下旬を目標に策定作業を進めていた新中計の発表を、

足元のプラス効果の急拡大を考慮して8月10日以降に延期。



イーレックス<9517> 2242 +100

今期2ケタ営業増益見通しを引き続き材料視、200日線を捉える。



キトー<6409> 2580+500

米KKRグループによるTOB価格2725円にサヤ寄せ続く。



日医工<4541> 408 +80

事業再生ADR申請で急落の反動高が続く。



三井松島HD<1518> 3165 +320

大幅増配を材料視の動きが続く。



森永乳業<2264> 4685 +270

「ビフィズス菌BB536」が中国「新食品原料」に登録。



日本農薬<4997> 682 +46

高値もみ合い上放れで買い戻しが優勢に。



メディカル・データ・ビジョン<3902> 883 +53

突っ込み警戒感からの自律反発か。



日本トムソン<6480> 556 +32

半導体関連の割安株として見直しか。



ミツバ<7280> 417 +25

今期大幅増益ガイダンス以降は上値追い。



メドピア<6095> 2137 +140

17日にはいちよし証券がレーティング引き上げ。



IMAGICA GROUP<6879> 715 +47

25日線突破でリバウンドに弾みも。



ラクス<3923> 1474 +75

米ナスダック上昇で反発期待向かう。



ニチコン<6996> 1296 +63

EV関連としてルネサスの工場再稼働などもプラス視か。



KADOKAWA<9468> 2921 +119

岡三証券では買い推奨を継続。



日本製鋼所<5631> 3080 +134

足元の業績見直しなどで買い戻し優勢か。



東洋建設<1890> 841 +33

3月急騰時の窓空け水準まで調整で押し目買い。



フィールズ<2767> 1065 -28

上値到達感広がり利食い売り優勢に。



クロス・マーケティンググループ<3675> 781 -38

業績上方修正後は出尽くし感が続く。



大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 1352 -35

前日に大きく上昇した反動も強まる形に。



サイバーエージェント<4751> 1336 -41

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価下げ。



キッコーマン<2801> 6960 -240

シティグループ証券では売り推奨を継続。



ユーグレナ<2931> 839 -34

17日は長い上ヒゲ残して伸び悩み。



富士石油<5017> 318 -1

NY原油相場の下落など影響も。



ユー・エス・エス<4732> 2496 -48

高値圏で利食い売りも集まる展開か。



北の達人<2930> 176 -3

動きの鈍さを嫌気した手仕舞い売りも。



レーザーテック<6920> 17895 +325

米半導体関連株の上昇が刺激に。



ルネサスエレクトロニクス<6723> 1447 +52

閉鎖工場の稼働再開でパワー半導体増産へ。