銘柄名<コード>23日終値⇒前日比

フライトホールディングス<3753> 453 +21

22年3月期決算を発表。営業利益は前期黒字転換、今期39.4%増予想。



丸和運輸機関<9090> 1694 +68

マツキヨココカラ&カンパニーと新物流センター開設で協定締結。



JTOWER<4485> 6740 +720

国内初となる地下鉄構内でのインフラシェアリングによる5G電波環境を整備。



日本タングステン<6998> 2136 -215

22年3月期決算を発表。23年3月期営業利益は前期比16.8%減予想。



ネオジャパン<3921> 1270 +60

システムアプローチとAppSuiteアプリの開発・販売で連携。



日本伸銅<5753> 1948 +228

発行済株式数の6.8%上限の自社株買い発表。



高周波熱錬<5976> 647 +45

高水準の自社株買い実施を発表。



東京海上<8766> 7300 +518

堅調な業績推移に加えて増配や自社株買いも評価材料に。



SOMPO<8630> 5471 +402

増配による利回り水準上昇や自社株買いを評価。



ラクーンHD<3031> 1567 +119

特に材料も見当たらず買い戻しなどが主導か。



広済堂HD<7868> 1022 +74

5期ぶり復配見通しなどを材料視する動きが継続。



ギフティ<4449> 1212 +100

売り込まれたグロース株の一角にはリバウンド期待。



日本M&A<2127> 1407 +99

目立った材料もなく安値圏で押し目買いの動き向かう。



MS&AD<8725> 4000 +252

先週末決算発表の損保株は総じて株主還元策など好感。



チェンジ<3962> 1773 +112

中小型グロース上昇の中でリバウンド継続。



マネーフォワード<3994> 3550 +250

中小型グロース株上昇の流れに乗る。



SREHD<2980>2012 +110

2000円割れ水準では下げ渋りも意識。



ペプチドリーム<4587> 1736 +105

米VCが世界最大級の医療特化ファンド設立と伝わり思惑視も。



KLab<3656> 476 +25

「幽☆遊☆白書 100%本気バトル」に新たなストーリークエスト追加と。



東邦チタニウム<5727> 1918 -106

説明会の内容を好感して先週末に急騰の反動。



ダブル・スコープ<6619> 1119 -89

急ピッチの上昇に対する過熱感で利食い優勢。



大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 1583 -58

東邦チタとともに先週末に急騰の反動安強まる。



東ソー<4042> 1876 -88

野村證券では投資判断を格下げへ。



日揮HD<1963> 1693 -62

目立った材料もなく高値圏で利食い売りの対象か。



日医工<4541> 372 -7

短期リバウンド一巡感で手仕舞い売り優勢の流れに。