銘柄名<コード>23日終値⇒前日比

パンパシHD<7532> 1751 -49

節目の1900円割れ以降は見切り売り優勢の流れに。



川崎重工業<7012> 2410 -71

大手重機メーカーからは本日資金流出の流れ強まる。



クボタ<6326> 2240.5 -68

米ディアが決算発表を受けて急落。



ラウンドワン<4680> 1624 -37

米個人消費減速懸念なども波及か。



デクセリアルズ<4980> 3960 -120

年初来高値水準では戻り売りも優勢の展開に。



三菱重工業<7011> 4839 -77

本日は重機大手が一斉安の展開になっており。



小松製作所<6301> 3151.-60

米キャタピラーの株価下落を警戒視。



IHI<7013> 3505 -110

高値圏で利食い売りの対象にも。



川崎汽船<9107> 9920 +490

北米航路のスポット運賃上昇など海運株の買い材料に。



OLC<4661> 18715 +370

政府が水際対策の緩和策を発表。



ミューチュアル<2773> 881+150

マーキュリア系ファンドによるTOB価格1800円にサヤ寄せへ。



リリカラ<9827> 434 +80

株価水準の割安感などに関心向かう。



住石HD<1514> 243 +29

値動きの軽い低位株として上値追いが続く。



AIメカテック<6227> 1389+102

一部のツイッターなどが材料視されているもよう。



ミタチ産業<3321> 955 +63

5月期業績・配当予想を上方修正。



ヘッドウォータース<4011> 3850+700

「NVIDIA DX アクセラレーションプログラム」に参画しDX推進で協業を開始。



FRONTEO<2158> 1069-300

23年3月期の大幅減益見通しと減配予想を嫌気。



ENECHANGE<4169> 630 -55

千葉県のゴルフ倶楽部に月額費用不要の「エネチェンジEV充電サービス」を導入。



霞ヶ関キャピタル<3498> 2050 +60

大阪府茨木市で販売用不動産取得、物流施設の開発用地。



レントラックス<6045> 615 -5

月次業績を発表、4月の売上高は前年同月比6.5%増。



旅工房<6548> 792 +54

3月の旅客取扱額は76.5%増、政府の水際対策緩和調整も材料視。



網屋<4258> 1188 +83

同社などサイバーセキュリティ関連の一角に個人投資家の関心向かう。



ペルセウスプロテオミクス<4882> 542 +15

富山大学、富山県とのスーパー中和抗体についての共同研究で前週から急伸。



東京通信<7359> 719 -26

直近の急伸に対する反動。



セカンドサイトアナリティカ<5028> 3285 +503

直近IPO関連にも物色継続。