ブロードエンタープライズ<4415>は30日、大阪エステートと、2022年5月度より業務提携契約を締結し、「B-CUBIC」及び「BRO-LOCK」の提供を開始したことを発表した。



業務提携の背景及び目的としては、長期化するコロナ禍において、インターネットや非接触型のサービスの需要が高まる中、大阪エステート及び同社はそれぞれの自社の強み・特徴を活かしたサービスを展開することで競争力を高め、今後の成長戦略を盤石なものとすることを目指す。



業務提携の内容としては、大阪エステートが主たる事業とする不動産管理事業にて、同社のマンション向け高速インターネット「B-CUBIC」及びIoTインターフォンシステム「BRO-LOCK」を、管理する賃貸物件の所有者に紹介、導入提案を行う。なお、具体的な実施内容については、今後、物件ごとに、それぞれ個別に締結する契約書において詳細を定める予定。



「B-CUBIC」は、集合住宅に全戸一括で入居者が無料でインターネット接続できるサービス。「BRO-LOCK」は、マンションのエントランスをオートロック化するための顔認証付きIoTインターフォンシステム。