ギフトホールディングス<9279>は1日、2021年12月15日に公表した2022年10月期第2四半期(累計)連結業績予想の修正を発表した。



売上高は前回発表予想比2.2%減の78.91億円、営業利益は同6.9%減の7.73億円、経常利益は同24.7%増の11.97億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同33.9%増の8.16億円、1株当たり四半期純利益は20円77銭増の82円05銭に修正となった。



まん延防止等重点措置解除後も人流の回復は鈍い状況だったが、直営店及びプロデュース店における新規出店を減速させることなく積極的に取り組み、さらに、商品品質、店舗オペレーション、物流の改善により収益性を向上させたとしている。売上高、営業利益ともに前年同期を大幅に上回った。加えて営業時間短縮に伴う時短協力金等を受給でき、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益については、第2四半期(累計)として過去最高水準となる見通し。