■今後の見通し



2. 中期経営計画

(1) 中期経営計画の概要

リソー教育<4714>は2023年2月期からスタートする3ヶ年の中期経営計画を発表した。最終年度となる2025年2月期の業績目標として売上高40,000百万円、営業利益4,510百万円、経常利益4,500百万円、親会社株主に帰属する当期純利益3,000百万円を掲げた。1年前に発表した業績目標と比較すると、2022年2月期の業績が期初計画を上振れて着地したことから、2023年2月期、2024年2月期の業績目標は前回計画を上方修正した。上振れ要因は「TOMAS」「伸芽会」の収益拡大によるところが大きい。2025年2月期までの3年間の年平均成長率では、売上高で10.1%、営業利益で14.2%成長と2ケタ成長を見込んでいることになる。



成長戦略については変わらず、引き続き高品質な“本物”の教育サービスの提供による徹底した差別化戦略の継続と、積極的な校舎展開を進めることで、少子化が進行するなかでも生徒数の持続的な拡大を図っていく。また、既存の主力事業である「TOMAS」「名門会」「伸芽会」のさらなる成長に加えて、「スクールTOMAS」や「伸芽’Sクラブ」などの事業展開を一段と積極化していくことで年率2ケタ台の増収増益を目指す考えだ。営業利益率についても2022年2月期の8.7%から2025年2月期は11.3%まで引き上げていく。弊社では売上高が計画どおりに拡大していけば達成可能な水準であり、特に収益性の高い幼児教育事業や成長ポテンシャルの大きい学校内個別指導事業を伸ばすことで、全体の収益性も向上していくと考えている。



(2) 成長戦略

a) 教育特化型ビル「こどもでぱーと」の展開

同社は2020年9月にヒューリック、コナミスポーツとの3社で業務提携を締結し、今後、ヒューリックが首都圏で開発する教育特化型ビル内において、「伸芽’Sクラブ託児・学童」「伸芽会」「TOMAS」「インターTOMAS」など同社グループの教育サービスや、コナミスポーツが提供する「運動塾」※等を展開していく「こどもでぱーと」構想を発表した。子どもを勉強と運動の両面でバランス良く育てたいというニーズは強く、同一の場所で各種サービスを提供することでこれらのニーズを取り込んでいく。同社にとっては、乳幼児から高校生まで複数のサービスを提供できる機会が広がることになり、「囲い込み戦略」により顧客のLTV最大化を図っていく。



※子ども向けを対象とした運動スクールで全国に140ヶ所以上展開している。





2029年までに東京都、神奈川県等のターミナル駅近隣に、「こどもでぱーと」を20棟まで広げていく構想を描いており、2022年内を目途に第1弾を開業すべく、現在複数の候補物件を絞り込んでいる状況にある。また、ヒューリックが2026年に渋谷に竣工予定の複合ビル「MITAKE Link Park(仮称)」※を「こどもでぱーと」とする計画で、同社は「伸芽’Sクラブ託児・学童」「伸芽会」の入居が決まっているほか、「創造文化教育施設」の運営も行う予定となっている。



※東京都と渋谷区が実施する「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)渋谷一丁目地区共同開発事業」の開発事業者としてヒューリックが選定され、地下2階、地上14階建ての複合ビルの開発を進めている。敷地面積は9,670m2。事務所、店舗、賃貸住宅、こども教育施設、多目的ホール等が入る予定。





「伸芽’Sクラブ」については、需要は旺盛なものの条件に見合う不動産物件が見つからず、拠点数が伸び悩んでいた。しかし、「こどもでぱーと」構想を機に継続的に拡大していくことが可能となる。また、「伸芽会」については名門幼稚園・小学校の“お受験”というある種特定の市場で、ノウハウを持った有名講師が存在しており、その講師を求めて入会を希望するケースが多いため、教室数の拡大に関しては従来慎重なスタンスであったが、講師の育成を強化していくことで「こどもでぱーと」への展開も可能になると見られる。少子化の進行により学童・託児や幼児教育市場は生徒獲得の競争激化が進むと予想されるが、同社は受験対策、進学指導等の付加価値サービスを提供することで競争優位性を維持することは可能と考えられ、「こどもでぱーと」構想の実現によって幼児教育事業は中期的に高成長が続くものと予想される。



b) Kids Smile Holdingsとの提携

同社及び伸芽会は、2022年3月に認可保育園を東京都、神奈川県、愛知県を中心に展開するKids Smile Holdings及びその子会社のKids Smile Projectとの間で業務提携を締結した。2015年に伸芽会とKids Smile Projectの間で、オリジナル教育プログラム「KID’S PREP.PROGRAM」の共同開発を目的に業務提携を行っていたが、今回はさらなる関係強化を目的に親会社も含めた業務提携に発展した。



業務提携の概要は、伸芽会とKids Smile Projectで相互に役員を派遣し、それぞれのサービスの相互支援を実効的に行うとともに、本業務提携にて構築する事業スキームを全国にある保育園や認定こども園等へ展開、また、保育士の確保を目的とした採用システムや研修制度の確立によって優秀な人材を確保し、コンテンツ力、ブランド力、集客力を強化することで今後の成長基盤の強化を図っていくことにしている。



加えて、Kids Smile Projectが運営する保育園等の会員(約4千人)及び上記事業の顧客(小学校受験及び中学校受験を希望する顧客層)へ同社グループのサービス(「伸芽会」「TOMAS」「名門会」等)を紹介することで、同社は「囲い込み戦略」を全国規模で推進していく考えだ。Kids Smile Project経由で生徒を受け入れた際には紹介料を支払うスキームとなっており、今後のグループ生徒数の増加につながる取り組みとして注目される。



なお、本提携締結後6ヶ月以内に両社協議のうえ、合意を経て3億円かつ発行済み株式総数の5%を上限として同社及びKids Smile Holdingsの株式を相互に持ち合う資本提携についての検討も進めていく予定にしている。また、今回の業務提携の効果については新たに発表した中期経営計画の中には織り込んでおらず、上振れ要因となる可能性がある。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)