銘柄名<コード>3日終値⇒前日比

ドーン<2303> 1995 +86

「インフラ点検目視の規制撤廃」報道で

同社の地理情報システム(GIS)への関心高まる。



レノバ<9519> 1941 +97

2日の米市場で太陽光発電システムのソーラーエッジ・テクノロジーズが

10%超の上昇となり株価支援材料に。



JMDC<4483> 5250 +140

患者向けアプリ「メルプ」AI受診相談を大幅にアップデート。



ブランジスタ<6176> 499 +80

年初来高値を2日更新し買い人気高まる。



ENECHANGE<4169> 625 +44

長崎国際大学にEV充電サービスの充電器設置。



日水製薬<4550> 1701 +262

島津が実施するTOB価格1714円にサヤ寄せ続く。



アステリア<3853> 1241 +153

特に材料も見当たらない、4月高値更新で上値妙味。



SREHD<2980> 1986 +144

中小型グロース株は3日全般に反発へ。



TOKYO BASE<3415> 385 +32

アパレル各社の5月販売が総じて好調で。



FIG<4392> 328 +27

部材調達にめどとして通期業績予想を上方修正。



ZHD<4689> 443.5 +21.5

自社株買い実施期待などが高まる形に。



ユナイテッドアローズ<7606> 2262 +165

5月の月次動向をポジティブ視。



チェンジ<3962> 1768 +101

米金融引き締め強化懸念後退で中小型グロースが高い。



ラクス<3923> 1547 +86

中小型グロース株反発の流れに乗る。



大平洋金属<5541> 2895 +176

資源価格の上昇などが追い風に。



ラクスル<4384> 2104 +122

中小型グロース株高で押し目買い優勢。



ファーストリテイリング<9983> 66850 +3700

5月既存店は2カ月連続での2ケタ増に。



ダブル・スコープ<6619> 1380 +45

2日にはSBI証券が買い推奨を継続。



TSI HD<3608> 378 +17

アパレル各社の5月月次好調も手掛かり。



サイゼリヤ<7581> 2590 +115

厨房設備関連の合弁会社設立を発表。



アダストリア<2685> 2264 +81

5月既存店増収率は3カ月連続プラス成長。



カプコン<9697> 3415 -220

「バイオ」リメイク発売日発表も出尽くし感に。



三井松島HD<1518> 2844 -28

日証金では貸株申込停止措置を解除。



飯野海運<9119> 760 -29

含み拡大期待などによる2日の大幅上昇の反動。



スクエニHD<9684> 6150 -270

「FF16」の発売時期は23年夏を予定としマイナス視。



東ソー<4042> 1829 -62

モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。